講演会

日本希土類学会第39回講演会
【重要なお知らせ】
日本希土類学会第39回講演会について


9月30日でコロナ禍に伴い全国に発出されておりました緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置がすべて解除されたことから、当初の予定通り日本希土類学会第39回講演会は現地(崎陽軒本店)にて開催いたします。
なお、所属先の指示等により出張が困難である聴講希望者(※参加申込者)には、当日の講演を録画し、後日配信することを予定しております。 また、会場内での感染防止のため、参加者数に上限(50名まで)を設定致します。上限人数に達した以降に申込された方には、申し訳ございませんが、配信動画をご視聴頂くことになりますので、現地での聴講をご希望の場合は早めの参加申込をお願いします。

【参加申込方法について】
現地での聴講に加えて、動画視聴となる場合もございますので、申込方法を従来と変更させて頂きます。 参加申込につきましては、Googleフォームより行ってください。 制限によりGoogleフォームが利用できない場合は、氏名・所属・会員区別・メールアドレス・現地または動画視聴をEメールにて事務局()宛にお知らせください。
締め切りました

主 催: 日本希土類学会
協 賛: 日本分析化学会・ 日本薬学会・ 電気化学会・ 日本材料学会・
日本セラミックス協会・ 日本金属学会・ 触媒学会・ 日本物理学会・
応用物理学会・ 日本磁気学会・ 粉体粉末冶金協会・ 高分子学会・
日本表面真空学会・ 資源・素材学会・ 近畿化学協会・ 石油学会・
有機合成化学協会・ 日本油化学会
後 援: 日本農芸化学会
日 時: 令和3年11月10日(水) 13:30〜
会 場: 現地での聴講
崎陽軒本店 6階 会議室(〒220-0011 横浜市西区高島2-13-12)
http://kiyoken-enkai.com/honten/access
(交通)横浜駅東口より徒歩1分
※上限人数(50名)に達した場合は、配信動画をご視聴頂くことになります。早めの参加申込をお願いします。

動画視聴
後日、URL等を通知

※コロナの状況によっては、web 講演会に変更の可能性があります。
講 演: 1. 「酸化セリウム微粒子の応用事例 - ガスセンサと有機無機ハイブリッド塗膜」
(産業技術総合研究所) 伊藤 敏雄 氏
概要: 酸化セリウムは高い酸素貯蔵能を持つ。この性質により、雰囲気中の酸素濃度によって酸素空孔濃度が変動して電気抵抗も変動するため、酸素センサ等の特異的な半導体式ガスセンサへの応用できる。また、ポリオール法による粒径の揃った酸化セリウム微粒子の合成法を開発した。この微粒子を有機塗膜に混合し緻密状態にして固定することで、高屈折率塗膜や構造色発現塗膜への応用ができる。本講演では、これらの研究成果について紹介する。

2. 「分子?イオン?錯体?Ln(BF4)3という新たな蛍光体〜3価希土類イオンが光る環境を考える〜」
(東京理科大学) 曽我 公平 氏
概要: 無機結晶やガラスにおける3価希土類イオンの蛍光体設計は、周囲の熱振動による励起状態の緩和を多フォノン緩和により記述することで行われてきた。しかし熱緩和が本来は原子の振動に伴う分極の振動の誘起であるならば、極性の低い環境では熱失活が起こりにくいはずである。本講演では改めて3価希土類イオンの励起状態緩和を考え直すとともに、疎水性高分子などの有機物質となじみの良いRe(BF4)3の合成方法と性質について概説する。

3. 「希土類の現状と明日への希望」
(元(株)三徳) 小西 功 氏
概要: 中国の「輸出貿易法」施行により、中国からの希土類中間物、希土類製品の輸入制約の懸念に対して、非中国諸国による新たな希土類サプライチェーン構築の動きなど、希土類の現状について解説する。一方希土類産業の隆盛期がどのようなものであったか、文系出身の演者の50年余年にわたる希土類従事者としての経験の中から「温故知新」で、希土類が面白く、夢が持てるお話ができればと思っている。
参加費:
(要旨集込)
令和3年10月27日までに支払い済みの方
・日本希土類学会
  個人会員: 1,000円
  学生会員: 無料
  維持会員: 無料
・協賛学協会会員: 7,000円
・学生(学会員外): 3,000円
・その他: 10,000円

当日支払いの方
参加予約済みでも支払いが完了されていない場合を含む
・日本希土類学会
  個人会員: 2,000円
  学生会員: 1,000円
  維持会員: 無料
・協賛学協会会員: 8,000円
・学生(学会員外): 4,000円
・その他: 11,000円
懇親会: 懇親会は中止いたします。
日時:令和3年11月10日(水) 17:00より
会場:崎陽軒本店5階 マンダリンイーストにて
懇親会費: 予約(令和3年10月20日迄に払込済の方):7,000円
当日:8,000円
参加申込締切: 令和3年10月27日(水)

締め切りました

支払方法: クレジット決済 または コンビニ支払い
※参加申込み後、別途 e-mail にて届く案内に従い、
期日までにお支払いください。
問合先: 〒565-0871 吹田市山田丘2−1 
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻内 
日本希土類学会事務局
TEL 06-6879-7352 FAX 06-6879-7354
E-mail: 

TOP

.
日本希土類学会事務局
Tel 06-6879-7352
Fax 06-6879-7354
〒565-0871
吹田市山田丘2—1
大阪大学大学院工学研究科
応用化学専攻 今中研究室内